2010年09月22日

就業規則の重要性

 従業員数が10名以上の企業は就業規則を作成する義務がありますが、中小企業の中には作成せず、労働基準監督署の臨検で指摘される企業が少なくありません。
 就業規則が重要なのは従業員との間でトラブルが発生したときに対抗する根拠となるということです。 したがって、従業員数が10名未満の企業でも就業規則は作成しておくことをお勧めします。


同じカテゴリー(雇用)の記事
解雇予告
解雇予告(2010-09-29 22:01)

Posted by 東京中央人事 at 06:09│Comments(0)雇用
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。