2010年09月29日

解雇予告

 従業員を解雇する場合、たとえ妥当な理由があるとしても会社側は少なくとも30日前に解雇の予告をするか、解雇予告手当(30日分以上の平均賃金)を支払わなければなりません。
 試用期間中の従業員であっても14日を超えて雇用された場合には支払い義務があります。
 

タグ :解雇

同じカテゴリー(雇用)の記事
就業規則の重要性
就業規則の重要性(2010-09-22 06:09)

Posted by 東京中央人事 at 22:01│Comments(0)雇用
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。